病院で処方されたジスロマックはカンジダに効く?

ジスロマックは抗生物質のひとつで、様々な症状に効果があることから病院で処方されています。
主にクラミジアや複合感染した淋病に有効で、性感染症の治療薬としても使用されます。
抗炎症作用が認められていることから、風邪に伴う扁桃炎や気管支炎、リンパ節炎に加え、歯周病や中耳炎といったものにも効果があり、細菌による二次感染を防ぐためにも、歯科や耳鼻科でも使用されます。
抗生物質は細菌に対する効果が認められますが、それ以外のウイルスや真菌といったものには効果を発揮できません。
そのため、ウイルスによる風邪そのものや、カビの一種である真菌によってできるカンジダ、原虫によるトリコモナスなどには使えなくなっています。

また、同じ細菌の病気であっても、有効とされる菌種が異なるため、同じ細菌であっても梅毒には十分な効果を発揮しないため、別の治療薬を使用することになります。
また、ジスロマックは細菌に対して強力な抗菌作用を示しますが、同時に善玉菌と呼ばれる良い菌まで退治してしまうことがあります。
通常は善玉菌と悪玉菌がバランス良く体内に寄生していますが、バランスが崩れると悪玉菌が活動しやすくなります。
カンジダも悪玉菌として有名で、本来であれば大人しくしているのですが、ジスロマックを投与してバランスが崩れるとカンジダが発症しやすくなります。
これはジスロマックだけでなく、抗生物質であればどの治療薬でも起こり得る現象です。

そしてカンジダはカビの一種である真菌であるため、ジスロマックを幾ら飲んでも効果が期待できません。
もしも、ジスロマックを投与してカンジダが発症した場合は、専門の病院で診察を受け、抗真菌薬を処方してもらう必要があります。