ジスロマックとインフルエンザ

体温計と錠剤とマスク

季節性の感染症であるインフルエンザは、ウイルスが感染することで発症し、高熱や咳、食欲不振、倦怠感、関節の痛みなどの症状を起こします。
治療薬は抗インフルエンザウイルス薬が有効で、ウイルスの増殖を抑えることで症状の進行を食い止め、重症化するのを抑えるほか、症状の回復を早める効果があります。
インフルエンザが発症してから48時間以内に服用することが必須となっており、時間を超えて服用してもウイルスは増殖しきっているので効果が発揮できないと言われています。

ジスロマックは細菌に有効なマクロライド系抗生物質で、細菌によって発症した感染症の治療に用いられます。
また、炎症を鎮める作用があることから、扁桃炎や気管支炎、肺炎といった症状の治療にも使用され、内科や外科を問わずに様々な現場で使用されるのが特徴です。
インフルエンザはウイルス性の病気であり、治療にはウイルスに有効な抗ウイルス薬が必要です。
ジスロマックは細菌に有効であり、ウイルスにはまったく効果はありませんが、インフルエンザの治療において抗インフルエンザウイルス薬と一緒に処方されることがあります。
インフルエンザは重症化すると、体力が低下して免疫力が弱まるため、細菌の侵入によって肺炎などの合併症を引き越すことがあります。

抗インフルエンザウイルス薬は細菌には効果がありませんが、ジスロマックを使用することで細菌を退治し、同時に炎症を静めることができるので、気管支炎などの状態にも有効です。
インフルエンザからの肺炎は、50歳以上の高齢者や小児で発症しやすいため、二次感染の予防目的で処方されることが多くなっています。
使用する方法は症状や年齢によって異なるので、処方された場合は、医師の指示通りに使用するようにしましょう。